ミニ四駆コンバージョンキット

ミニ四駆をスロットカーにしてしまうキット『ミニ四駆コンバージョンキット』。

ミニ四駆のスロットカー化への問題をクリアし、LEDによりドレスアップ。手軽に楽しむ事ができます。

フルキットの『タイプA』とLED関連パーツの付属しない『タイプB』があります。

2018年12月 制御プログラムがバージョンアップしました。詳しくはコチラ

 

キットに含まれる各パーツをご紹介します。

  • アジャスタブルブレード
  • コンバージョンPCB
  • LEDヘッドライト/ブレーキライトユニットユニット
  • LEDライティングPCB
  • リアマグネットホルダー

 

1.タイプ

2.特長

モータの転用

スロットカーのシステム電圧とミニ四駆Ⓡ用モーターの電圧には差があります。このため、ミニ四駆用モーターはそのままではスロットカーのシステム電圧を受けることができません。


そこで、コンバージョンPCBにより、システム側の信号を間引くことによりミニ四駆用のモーターを適性に動作させることができいます。また、コンバージョンPCBにはディップスイッチを搭載しており、このスイッチを、12V~16Vの電圧の違いとモーターの種類に合わせて、変更する事で多くのシチュエーションに対応することが可能となります。


※ディップスイッチの操作方法に付いては『ミニ四駆コンバージョンキット組立説明書』をご覧下さい。

ブレーキランプ点灯

スロットル操作に連動してブレーキランプが明るく点灯します。
通増走行時は、少し暗めに点灯しますが、スロットルをオフにすると、それに連動してブレーキランプが明るく点灯します。
再度、スロットルをONにすると、通増の明るさに戻ります

 

3.各部詳細